石鹸の起源はいつごろか

石鹸の起源は大変古く、紀元前3000年ごろの古代ローマで
偶然出来たのが歴史の始まりだといわれています。

石鹸の歴史

しかしその後スペインやイタリアなどで8世紀頃に本格的に
製造がされるようになりましたが、当時のものは今と比べると軟らかく、
かなり臭いものだったといわれています。

コスメティックスとしての起源は中世のヨーロッパです。

地中海沿岸のオリーブ油と海藻灰を原料としたマルセイユ石鹸の誕生です。

その頃は大変高価な品で、ごく限られた人しか使用していませんでしたが、
進化する科学技術の恩恵により19世紀ごろには庶民でも手が出せるような
値段になり、洗顔などのコスメティックスにも気軽に使われるようになりました。

日本での起源は戦国時代にポルトガル船から伝来したのが始まりです。
一般の人向けに作られたのは明治時代が初めてです。

今でも有名なコスメティックス「花王石鹸」が製造・販売を行いました。
その後わずか100年あまりの間に、これほどまでのコスメティックスが
一般人に普及するとは、昔の人は夢にも思わなかったでしょう。

一般的になる

 

健康的    他の化粧品    くせ毛    美しい    安心    石鹸の起源

保管・管理    不純物    美容ブランド    美容液    他の薬    育毛剤